【4名の口コミ】アルソックホームセキュリティの全て。センサーの種類や評判・料金を解説

※本ページにはプロモーションが含まれています。

アルソックのホームセキュリティプランは複数の種類があることは、以下の記事で説明しました。アルソックの【プランの種類】を把握できていない方は、一読いただくと理解が深まると思います。

>>ALSOKのプランと種類

今回は「個人向け」かつ「一戸建て」を対象としたサービス「ホームセキュリティBasic」について、プランの詳細や評判に関して解説していきます。

一般的にアルソックのホームセキュリティといえば、今回解説するホームセキュリティBasicを指します。

先に実際のALSOK利用者の口コミを知りたい方は、コチラからジャンプして先回りしてください。

目次

アルソックホームセキュリティBasicのサービス内容

まず始めに、アルソックのホームセキュリティ内容を簡単に説明します。

基本サービスは3つ+オプションです。

  • 侵入の感知と駆けつけ
  • 非常ボタンによる通報と駆けつけ
  • 火災の感知
  • オプション

侵入の感知と駆けつけ(防犯センサーの種類と役割を解説)

防犯センサーによる警備で、不審な侵入を感知します。ひとことに防犯センサーと言っても複数の種類があります。具体的には、以下に挙げるセンサーを自宅に取付け警備します。

開閉センサー

主に玄関に用いられるセンサーです。警備モード中に不審な開閉を感知した場合、アルソックの警備員がすぐに駆け付けてくれます。

開閉センサー+施錠確認センサー

窓に取り付ける防犯センサーです。窓の開閉を検知するとともに、施錠を忘れて外出することを防止できます。

なお、鍵の閉め忘れを防ぐ「施錠確認センサー」はアルソックにしかない防犯機能です。

空間センサー

人体の熱を感知するセンサーです。警備モード中に熱を感知した場合、すぐにアルソックに緊急連絡が発信され、警備員の駆けつけが行われます。

非常ボタンによる通報と駆けつけ

メインコントローラー

警備モードの操作を行うメイン機器です。利用者が能動的に押す「非常ボタン」が付いており、万が一のときはすぐにアルソックに緊急通報可能です。

遠隔非常ボタン

遠隔非常ボタン

メインコントローラー以外でもアルソックに通報できる装置です。例えば、2階にいるときに身の危険を感じた場合、1階のメインコントローラーまで移動することは危険です。遠隔非常ボタンを2階に設置しておくことで非常時に適切な対応ができます。

ALSOKライト

異常発生すると点滅し、周囲に異常を知らせることができます。

セキュリティの導入例は以下の通りです。

3LDK戸建て設置機器の例:コントローラー x1 / 開閉センサー x1 / センサー送信機 x1 / 施錠確認センサー x3/ 空間センサー x3 / 遠隔非常ボタン x1 / ALSOKライト x1

4LDK戸建て設置機器の例:コントローラー x1 / 開閉センサー x1 / センサー送信機 x1 / 施錠確認センサー x7/ 空間センサー x1 / 火災センサー(熱)x1 / 遠隔非常ボタン x1 / ALSOKライト x1

火災の感知

主に台所に火災センサーをとりつけます。周囲の温度の異常上昇を感知し、アルソックに緊急通知されます。

オプション

上記の3つの基本サービスに加え、必要に応じて以下オプションを付けることが可能です。

ガス漏れ検知

主にキッチンにセンサーを設置し、ガス漏れを感知するとALSOKが駆けつけます。

見守り情報配信サービス

高齢者の見守りに適したオプションです。

天井や壁などに人の動きを感知するセンサーを設置します。見守る家族には、センサーの反応状況がメールで通知されます。正常なリズムで生活できているか把握できるサービスです。

ライフリズム監視サービス

同じく、高齢者の見守りに適したオプションです。

トイレのドアに開閉センサーを設置します。一定時間ドアが開閉されなければ、異常と判断してガードマンが駆けつけるサービスです。

救急情報登録

同じく、高齢者の見守りに適したオプションです。

あらかじめ持病やかかりつけの病院などの情報を登録しておきます。万が一、救急搬送が必要になった場合は、救急隊員に情報を伝えることで、スムーズな引き継ぎが可能となります。

高齢者向けオプションのより詳しい情報は、見守りサポートのオプション解説記事を参考になさってください。

アルソックの評判からわかるメリット

最小限の工事&ネット回線・電話回線不要

穴あけや工事が最小限で済みます。無線通信タイプが主なので、電話回線やネット回線は不要です。

電源さえあれば設置可能なのです。

プランとオプションが多い

ホームセキュリティBasicがアルソックの主となるサービスですが、これ以外にもプランが複数存在します。

たとえば、より上位プランの「HOME ALSOK Premium」や「HOME ALSOK アパート・マンションプラン」、ご自身で自宅内部の画像を見守るセルフセキュリティタイプの「HOME ALSOK アルボeye」など、要望に合ったプランを選ぶことが可能です。

詳しくは以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

あわせて読みたい
アルソックホームセキュリティの【種類】と【プラン比較】 アルソックのホームセキュリティを検討中だけど、なんだかプランがたくさんあって・・・。 各プランの特徴や、自分に合っているプランがどれなのかイマイチよくわからな...

さらに、各プランには付けられるオプションも豊富なので、ご自身にあったオリジナルのプランを設定することができます。

居空き対策にも効果的

侵入の可能性がある窓にセンサーを設置します。不在時はもちろん、家に人がいるときに侵入する「居空き」の対策にもなります。在宅警備モードは、部屋ごと設定可能です。例えば

  • 2階にいるときは1階の各部屋を警備モードに
  • 入浴中はお風呂以外のエリアを警備モードに

このように在宅中もアルソックのホームセキュリティが警備をしてくれます。

初期費用0円スタートが可能

アルソックのホームセキュリティには「ゼロスタートプラン」という、初期費用0円のプランが存在します。通常、ホームセキュリティ導入時には以下のような初期費用が掛かります。

  • 機器費用
  • 工事費用
  • 保証金

アルソックは、上記3つの費用がすべて0円のゼロスタートプランがあります。

はじめから高額な初期費用を払うのは躊躇してしまいますよね?契約前の段階では、ホームセキュリティが本当に必要なのか明確な判断がつかないですし、契約してもすぐに解約するかもしれないという懸念も。

初期費用0円スタートは、選択肢としてアリだと思います。

賃貸の戸建て物件でもOK

ホームコントローラーは2種類から選択できます。

  • 一般的な「壁面設置タイプ」
  • 賃貸向けの「据え置き設置タイプ」

コンパクトなので設置場所・スペースの心配も不要です。

月額料金が安い

アルソックは月額料金が比較的安価です。大手セコム社と月額料金を比較すると

プランアルソックセコム
レンタルプラン6853円7590円
お買い上げプラン3740円4950円
ゼロスタートプラン7667円なし

アルソックが安くセコムが割高な理由は、主に「補償」の違いでしょう。万が一の被害にあってしまった場合、

アルソックは一律10万円の見舞金に対し、セコムは現金・貴金属・美術品等は最大50万円、家財は最大200万円、建物損害修復費用見舞金として最大100万円を受け取ることができます。

万が一の場合は、セコムの方が手厚い保証を受けられます。

アルソックの評判からわかるデメリット

警備員待機所の数

ライバルのSECOM社と比較すると、警備員の待機所の数が1割ほど少ないです。

  • アルソック:全国に約2400か所
  • セコム:全国に約2600か所

緊急時の駆けつけに備えて警備員は24h体制で待機しています。確率的には、拠点数が多い方が駆けつけ時間が短くなると考えられます。

ただし、この事実を単純にデメリットと捉えてはいけません。全国の待機所の拠点数よりも「待機所と自宅が近いかどうか」という点の方が重要です。

また、待機所とは営業所は異なります。営業所の場所は調べればわかりますが、待機所の場所はセキュリティ上の観点から調査できません。マンションやアパートの一室を借りて隊員を待機させていると言われています。

補償の少なさ

補償額の少なさは、アルソック最大のデメリットと言えるでしょう。

万が一、火災や盗難の被害にあった場合は、一律10万円が見舞金として支給されます。免責金額の設定がないため、たとえば3万円程度の空き巣被害であっても、一律10万円の見舞金を受け取れます。

セコムの場合は家財で最大200万円まで補償され手厚いです。

アルソックホームセキュリティの使い方・操作方法

警備システムの操作方法は3種類

ホームセキュリティベーシックでは、警備のセット&解除は3つの方法から自由に選べます。

  • IDキー
  • 暗証番号
  • アプリ

いずれか1つでOKなので、昨日はIDキーで操作したけど、今日は暗証番号で操作しよう。なども可能です。

【外出時】警備システム操作方法

在宅モードから外出モードに切り替えます。音楽が鳴っている間に自宅を出る必要があります。なお、音楽が「鳴っている長さ」は変更可能なのでご安心ください。

【帰宅時】警備システム操作方法

帰宅すると音楽が流れます。音楽が鳴っている間に解除ボタンを押し、IDキー・暗証番号・アプリいずれかで警備モードを解除します。同じく、音楽の長さは変更可能です。

アルソックホームセキュリティの評判

実際にアルソックのホームセキュリティを利用している4名から、感想を聞きました。

総じて言えることは、コスパが高く・安心が買える点を評価している人が多いです。

ネット上にある口コミなどと合わせて参考になさってください。

Kさんからの口コミ
Q1:アルソックホームセキュリティの総合満足度は?
★4やや満足

Q2:なぜアルソックの導入を決めたのですか?
私は独身一人暮らしな為、長時間家を留守にすることが多いんです。
そういったことから普段からセキュリティー面に不安を感じており、警備会社を利用した方が良いかなって思ってました。
そんな時に知り合いの車が車上荒らしに遭い、危機感を覚えて警備会社の利用を決意しました。
アルソックにした理由は大手かつ料金が安価という点です。
他の大手警備会社も考えたのですが、料金を考えるとアルソックの方が安かったんです。
一応契約前に事業所の場所も確認したのですが、自宅からだとどちらも距離はほぼ同じ。
ならアルソックでいいかと思って決めました。

Q3:アルソックを利用して感じたメリットは?
メリットは二点。一つ目は料金です。
私は機材購入して月額料金だけ支払っているのですけど、月額約4000円程度という安さ。
毎月のことですし、この安さには助けられています。
二つ目はセンサー付きカメラを設置できるという点です。
何かあればカメラで撮影した画像を送ってもらえるので、どういう状態かを視認出来るのが良いです。

Q4:契約前にはわからなかったアルソックのデメリットは?
私自身それほどデメリットを感じていませんけど、人によれば補償金の少なさがデメリットになると思います。
もし何かあった場合は補償金10万円でるんですけど、他社と比べるとかなり安め。
このあたりは月額料金も安いですし仕方ないかなとも感じますが、自宅に高額の貴重品を置いている方なら不安に感じると思います。

Q5:アルソックを検討中の人にアドバイスをください
私的には一人暮らしで自宅を留守にしがちな方におすすめです。
単身世帯だと朝自宅を出たら夜まで戻らないなんてことがほとんど。となると日中は不安に感じるでしょうし、月額4000円程度で安心感を買えるなら安いものじゃないかなって思います。
私のように買い切りなら安いですし。
端末レンタル等もあるので、とりあえずお試しに一度利用してみても良いんじゃないでしょうか。

Iさんからの口コミ
Q1:アルソックホームセキュリティの総合満足度は?
★4やや満足

Q2:なぜアルソックの導入を決めたのですか?
実家で暮らす両親が高齢になってきて、以前に一度泥棒に入られたこともあって、セキュリティ面での心配があった。セキュリティ会社をいくつか検討したが、何かあった時にすぐに来てくれるとなると、会社の規模が大きい、アルソックだと思って契約した。

Q3:アルソックを利用して感じたメリットは?
コストパフォーマンスが高いところです。契約したことで、防犯はもちろんですが、親の様子を確認したり、親に何かあった時にすぐに駆けつけてくれもらえるという安心感を持つことができました。これだけのサービスで、この月額はお得だと思います。

Q4:契約前にはわからなかったアルソックのデメリットは?
セキュリティシステム上、いたしかたないところはあると思いますが、やはりたまに誤作動が起こってしまうことです。誤作動が起こるタイミングも一律ではありませんので、夜間に作動したことが分かるとと、誤作動と分かるまでは気が気でない感じですし、「また誤作動かな」と早とちりしてしまいそうで怖いところはあります。

Q5:アルソックを検討中の人にアドバイスをください
以前は自宅警備となると、お金持ちだけのイメージでしたが、時代は変わって、高齢者世帯が多くなって、近所でお互いに防犯することも難しくなってきましたので、ホームセキュリティという選択はごく自然なことだと思います。大きな被害に遭う前に、予防的な観点からもセキュリティを導入して良かったと思っています。

Gさんからの口コミ
Q1:アルソックホームセキュリティの総合満足度は?
★5とても満足

Q2:なぜアルソックの導入を決めたのですか?
近年空き巣や強盗などの物騒な事件が増えてきて不安を感じました。同居している家族の中には高齢の母親も居るため、私や妻が仕事などで留守の際に体調が悪くなってしまったら…。と不安を感じたので、ALSOKのホームセキュリティを契約しました。

Q3:アルソックを利用して感じたメリットは?
最大のメリットは、自宅に泥棒が侵入した際にセンサーが感知して自動でALSOKに通報が行き、ALSOKの方が自宅に急行・被害を最小限に抑えてくれる事です。また、急病で体調が悪い際に非常ボタンを押せば、ALSOKの方が自宅に急行し、救急車を呼んでくれることです。
いずれも何らかの対処を適切に行ってくれる事だと思います、以上の事だけでかなり安心感が得られるので、個人的には大きなメリットだと感じています。

Q4:契約前にはわからなかったアルソックのデメリットは?
デメリットに感じる点は個人的には一切ありません。実際に利用していて1度ガス漏れを起こしてしまった際にも、センサーが感知し、ALSOKの方が自宅まで即座に急行してくれたので本当に助かりました。
留守にしていたため、ALSOKのホームセキュリティを利用していて本当に良かったと実感出来ました。ちなみに、この時は自宅のキッチンのガスコンロのガスの元栓が劣化していたため、微量のガスが放出されていたそうでした。

Q5:アルソックを検討中の人にアドバイスをください
利用するにあたり月額料金はかかりますが、自宅を守ってくれますし、確かな安心感も得られるので月額料金は個人的には良心的な料金だと思います。
近年日本も治安が悪化していますし、急病や火災も決して他人事ではありませんので、ALSOKのホームセキュリティを検討されている方は、迷わず導入されたほうが良いと思います。
何かしら自宅で発生した際には、本当にすぐに自宅に急行してくれて対処してくれるので、個人的には導入を強くオススメします。

Aさんからの口コミ
Q1:アルソックホームセキュリティの総合満足度は?
★4やや満足

Q2:なぜアルソックの導入を決めたのですか?
近隣で空き巣が多く発生したこともあり、ホームセキュリティの必要性は感じていました。お隣さんが導入したこともあり、我が家もその評価を聞くことになり、安心安全のために投資してみようかということになりました。

Q3:アルソックを利用して感じたメリットは?
まずは、玄関にアルソックのホームセキュリティ導入のシールを貼ってあるだけで犯罪抑止効果があるとかんじています。また。複合的にサービス契約をすることでより安心感が高まることになります。手厚いサービスに営業の方のアドバイスなども参考になります。

Q4:契約前にはわからなかったアルソックのデメリットは?
確かに犯罪抑止効果はありますが、本当にどこまでの機器・オプションが必要か?の判断がつかなかった。玄関、窓、ガス警報、玄関のドアホンなど、どこまで導入すべきか判断がつかないのが困りました。実際に契約後、サービスの解約などもできますが。

Q5:アルソックを検討中の人にアドバイスをください
まずは、何を・どこまで求めるのか?これを見極めることがポイントです。イニシャル、ランニングとも単純に投資すればよいわけではありません。正直、ランニングコストは見積もりをいただいた際にきちんと見極めをしておかねばなりません。

【戸建て住宅】アルソックの料金

一戸建て住宅にアルソックホームセキュリティベーシックの料金は以下の通りです。

お買い上げプランレンタルプランゼロスタートプラン
月額料金3740円6853円7667円
初期費用228250円48400円0円

長期にわたり利用するのであれば、お買い上げプランがお得です。

計算上は、73か月(=6年と1ヶ月)以上ずっと利用するのであれば「お買い上げプラン」が最もお得になります。

私個人としては、月額料金と初期費用のバランスが取れているレンタルプランをおすすめしています。

アルソックをおすすめできる人・おすすめできない人

アルソックをおすすめできる人

アルソックのホームセキュリティがオススメの人は、「空き巣への抑止力」「料金・コスパ」どちらも重視したい人です。

大手警備会社は空き巣への抑止力が絶大

自宅警備サービスを展開する企業は、中小サービスも含めると無数に存在します。その中でも、アルソックとセコムの大手2社の存在感は群を抜いています。

空き巣を行う犯罪者は、セコムやアルソックの警備シールが貼ってある家に侵入しようとはしません。わざわざ捕まるリスクが高い家を狙おうとは思わないのです。大手2社の犯罪抑止力は絶大なのです。

料金・コスパに優れる

大手2社の内、コスパに優れるのはアルソックです。万が一の補償額ではセコムに軍配が上がりますが、総合的なコスパ・料金面ではアルソックの方が優れていると言えます。

アルソックをおすすめできない人

逆におすすめできない人は?ズバリ「万が一被害にあった際の補償額を重視する人」です。

アルソックの補償(見舞金)は一律10万円です。

例えば、現金や貴金属を自宅に大量保管している人などにはオススメしません。やはり万が一の補償はセコムの方が手厚いですから。

アルソックの解約条件・解約費用・解約方法

契約前に必ず知っておくべき情報を以下に記します。

契約期間と解約条件

「ホームセキュリティBasic」は5年契約です。5年経過後は1年単位での自動更新契約となります。

解約条件は特にありませんが、5年以内の解約する場合は「解約金」が発生します。

解約に掛かる費用

解約時には「解約金(契約満了時は0円)」「機器撤去費用」が掛かります。

継続5年未満継続5年以上
解約金掛かる(※1)掛からない(※2)
機器撤去費用掛かる(※3)掛かる(※3)

※1:要注意。【残りの契約月数×▲円】が解約金としてかかる。▲円は月額料金の20%~70%程度の模様。調査したが詳細な数字は判明せず。契約前に確認必須。

※2:5年、6年、7年と更新タイミングで解約した場合は解約金は掛からない。5年3ヶ月など、更新タイミング以外での解約時の解約金発生有無は要確認。調査したが判明せず。

※3:撤去費用は機器の設置数(センサー個数など)によって異なる。3LDKの場合1万円前後。

とはいえ、アルソックホームセキュリティの利用者の平均継続件数は10年以上です。満足度の表れと考えられるので、解約に関する過度な心配は不要と言えるでしょう。

解約方法

引用:解約の意思表示および希望の解約日を記載した書面をもって弊社にお知らせください。

https://www.alsok.co.jp/person/faq/

このように記載がありますが、アルソックのサポートセンターに電話で解約の旨を伝えればOKです。所定の書類が郵送されてくるので、記入し返送することで解約手続きが進行します。

引越しの場合 解約金が免除されることも

引っ越し先でもアルソックを利用することが条件ですが、契約期間満了前であっても解約金が免除されることがあります。詳しくは営業員に問い合わせましょう!

アルソックの料金を安くする方法(値引きを引き出すコツ)

安く契約するには「相見積もり」が必須です。特にアルソック社とセコム社はライバル関係にあるので、互いに契約を取られたくない心理が働きます。

ですから、まずは両社資料請求した後、訪問見積もりをしてもらいましょう。

その際のポイントは

  • アルソックが訪問時には、セコムも検討中と言う
  • セコムが訪問時には、アルソックも検討中と言う

これだけで通常価格からの値引きが期待できます。初期費用の内、工事費が値引きされたり、月額料金の値引きもあり得るので、相見積もりは必ず実施しましょう!

2社対応するのは確かに面倒です!しかし、今後数年にわたり月額料金を支払い続けることを考えると、初期の値引きがいかに重要かは理解できるでしょう。

面倒ですが相見積もりは絶対にやった方が良いです。

アルソックホームセキュリティ【Q&A】

どれくらいの時間で駆けつけてくる?

原則、緊急通報から25分以内に駆けつけることが警備会社には義務付けられています。これは警備業施行細則で定められています。実際の駆けつけ時間は、自宅と警備員待機所の距離に左右されるので、見積もり時に営業担当者に尋ねてみましょう。

アルソックとセコムのどちらがいいか?

端的に述べると、抑止力として利用するならアルソックがコスパ良し、本当に被害をリアルに想定しているならセコムが良いです。(見舞金が手厚い)いずれにせよ、両社とも訪問見積もりで比較した方が良いでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次